学科紹介

厚生労働大臣指定 介護福祉士養成課程
文部科学大臣認定 職業実践専門課程
介護福祉学科 2年制/昼間課程/定員30名(男・女)

学習概要

2014年度(平成26年度)から導入された新しい学習内容。「人間と社会」「介護」「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」の4領域を学びます。

1. 人間と社会 介護福祉士にとって基盤となる知識や倫理的態度を学びます。
◎人間の尊厳と自立
◎人間関係とコミュニケーション
◎現代社会と福祉
◎他選択科目等

2. こころとからだのしくみ 発達と老化、認知症や障がいなど、こころとからだのしくみを学びます。
◎発達と老化の理解
◎認知症の理解
◎障がいの理解
◎生活支援論等

3. 介護 実践的な介護実習を通して生活支援技術を身につけます。
◎介護の基本
◎コミュニケーション技術
◎生活支援技術
◎介護過程
◎介護総合演習
◎介護実習等

4. 医療的ケア 医療的ケアの基本知識とケア技術を学びます。

取得可能な免許・資格

・介護福祉士 国家試験受験資格

※ただし2025年度までの養成施設卒業者については、卒業から5年間、暫定的に介護福祉士資格を付与し、かつ卒後5年以内に国家試験に合格するか、原則卒後5年間継続して実務に従事することで、その後も引き続き介護福祉士資格を保持できます。

・文部科学大臣認定称号 専門士

介護福祉士とは

介護福祉士とは

介護福祉士とは、高齢者や心身に障がいをもつ人々に対して食事や入浴、衣類の着脱や歩行の補助など、その他生活全般をサポートする介護の専門家です。
高度な知識と技術を生かして高齢者や障がい者の自立を支援し、さらに家族に向けて介護方法の指導などを行い、介護を必要とする人がより質の高い生活を実現できるように努めるのが主たる仕事です。

福祉に関わる幅広い知識や技術を備えることはもちろん、さまざまな場面で介護対象者の尊厳を守るための献身性と、あたたかなふれあいをつなぐ優れた人間性が求められます。

活躍するフィールドがますます広がる福祉の仕事

介護福祉士が活躍するフィールドは年々広がっています。 在宅サービスや福祉施設のように利用者の生活を直接的に支援するサービスの提供から、社会福祉協議会や福祉関連行政機関などが地域福祉の向上のために行う相談援助、さらに医療機関やシルバー産業を通じた相談業務など様々です。

介護福祉士が活躍する職場(一例)

在宅福祉施設

◎高齢者在宅サービスセンター ◎居宅サービス事業所 ◎在宅介護支援センターなど

高齢者施設

◎介護老人保健施設 ◎介護老人福祉施設 ◎ケアハウス ◎グループホーム ◎デイサービスセンターなど

障害者施設

◎障害者支援施設など

病院等医療機関

社会福祉協議会

区市町村の役場

有料老人ホーム

その他

◎福祉(系)生協 ◎シルバーサービス企業・事業所など

介護福祉国家資格を取得する

介護福祉士になるために

介護福祉士は国家資格です。
専門学校等で所定の教科・実技などの課程を2年以上学び、卒業すれば介護福祉士の国家試験受験資格を取得できます。
働きながら勉強して国家試験を受験し資格を取得する場合はかなりの難関となるため、やはり本校のような養成校に通うことが資格取得への近道となります。本校では2年間の最短ルートによる資格取得を目指します。
本校では、少人数制を活かした個別指導を徹底していますので、国家試験対策は万全です。

国家試験対策

1年次からポイントを絞った基礎知識を積み重ね、少しずつ国家試験問題にも取り組み、1問1答解説できるまで丁寧に学習をしています。また国家試験対策の時間を豊富にとり、クラスのチームワークと個別指導の徹底により、国家試験全員合格を目指します。

介護福祉士国家試験合格率 ※留学生含む 2年連続 100% (第32回介護福祉士国家試験 全国平均 69.9%)
(第31回介護福祉士国家試験 全国平均 73.7%)

行事&イベント

笑顔がたえないキャンパスライフ!

ひとつの目標を共有する学生たちならではの団結力は、楽しいキャンパスライフのエネルギー源!
介護福祉士にとって「全力で楽しむこと」も大切なことですね。

塩尻の玄蕃まつり キャンパスのある塩尻市の夏祭りが「玄蕃まつり」。姉妹校である信州リハビリテーション専門学校と合同で「学校法人松樹学園連」として踊りに参加します。

ハッピーハロウィンinしおじり 塩尻市秋の恒例一大イベント「ハッピーハロウィンinしおじり」。手づくりかぼちゃ飾りも準備して、バッチリ仮装で参加します。

繋心祭 ステージ発表や介護教室など学生自らが企画・運営する文化祭です。

防災訓練 塩尻市秋の恒例一大イベント「ハッピーハロウィンinしおじり」。手づくりかぼちゃ飾りも準備して、バッチリ仮装で参加します。

新入生歓迎交流会 新入生との交流を目的としたスポーツ大会。アットホームなイベントです。

上級救命講習 毎年行われる「上級救命講習」。人工呼吸やAEDに初挑戦です。

2年生の事例研究発表会 全学生と教員が参加して実施される「事例研究発表会」。2年間で学んだ成果を発表します。

地域交流行事(そば打ち) 元気な高齢者との交流体験を通じ、シニア世代への理解を深めます。そば打ち名人の指導の下、地域の高齢者と学生が作ったそばを試食します。

学生からのメッセージ

片桐 永莉華さん

片桐 永莉華さん

1年生 大町市出身

私は、中学生の頃から誰かから必要とされる仕事、体を動かせる仕事をしたいと思っていました。そして、近所のお年寄りの方と接することが多く、お年寄りの方と話をすることが好きだったので、将来介護福祉士になりたいと思うようになりました。
信州介護福祉専門学校で授業を受けているうちに、支援の仕方一つで利用者様の状態を良い方向にも悪い方向にもさせてしまうということを知り、知識、技術の基礎をきちんと学び、一人ひとりに合った支援ができるようになることが大切だと実感しました。
そして何よりも利用者様との信頼関係が大切だと思いました。信頼関係を構築するためには、まず第一印象が重要です。身だしなみはもちろん、態度や言葉遣いによって第一印象が変わってきますので、この学校が大切にしている「接遇」をしっかり身に着けたいと思います。
介護福祉士は、利用者さんに一番近く寄り添うことができ、やりがいのある仕事だと思います。私も将来、利用者さんが安心でき、信頼されるような介護福祉士になりたいです。

守屋 和斗さん

守屋 和斗さん

1年 茅野市出身

私は、昔から初対面の人や大勢の人がいる所でのコミュニケーションが苦手で、そんな自分を変えたいと思っていました。そして、以前から介護福祉士という仕事に興味があり、信州介護福祉専門学校に入学しました。
最初は緊張や不安もありましたが、クラスメイトとも打ち解け、毎日学校に来るのが楽しくなりました。そして、授業では介護福祉士としての考えや理念、また専門的知識や技術を先生方から丁寧に教えていただいています。覚えることが多く大変だと感じますが、自分の知識や技術が増えていくことで、より「介護福祉士になりたい」と強く感じるようになりました。
実習では、学校での学びと現場の違いや利用者様とのコミュニケーションなど、学校だけではなかなかできない体験や経験をすることができました。実習中、自分の苦手だったコミュニケーションを使い、利用者さんの笑顔を引き出すことができた時は、介護福祉士のやりがいを感じることができました。
私は、専門的知識や技術の習得はもちろんですが、利用者様の思いに寄り添い、笑顔を引き出すことができる介護福祉士を目ざしたいと思います。