教育カリキュラム

カリキュラムについて

カリキュラムの特徴

少人数制が実現する感性豊かな介護福祉士の育成 少人数クラスならではのきめ細やかな教育指導。いつでも気軽に教員に相談できる学習環境です。教員と多く話ができることで相談援助に必要なスキル、マナーを磨くことができます。
また、少人数ならではの学生間の良好なコミュニケーション関係や仲間づくりができるため、一体感のある楽しい授業が実現します。

福祉現場と密着したカリキュラムと環境。 現場経験豊かな教員が実践的な内容で授業を実施しています。さらに、関連法人の協力により、福祉現場で今求められている感性やマナー、そして技術を直接学習し身につけることができます。

予定表

2年間のカリキュラム内容

    科目名 授業形態
(時間数)
履修時期
人間と社会
(必須時間数 240)
人間の理解(60) 人間の尊厳と自立 講義(30) 1前期
人間関係とコミュニケーション 講義(30) 1前期
社会の理解(60) 現代社会と福祉 講義(30) 1前期
社会保障制度 講義(30) 1後期
人間と社会(90) 介護福祉研究 講義(30) 2前期
生活文化論 講義(30) 1後期
情報処理 演習(30) 1後期
選択科目(30) ビジネスマナーの基礎(※)
演習(30) 1前期
現代日本語の基礎(※) 演習(30) 1前期
こころと からだのしくみ
(必須時間数 300)
発達と老化の理解(60) 基礎医学 講義(60) 1前期・後期
認知症の理解(60) 認知症の理解 講義(30) 1前期
認知症ケアの基本 講義(30) 2前期
障害の理解(60) 障害の理解 講義(60) 2前期
こころとからだのしくみ(120) 生活支援論 講義(60) 1前期・後期
リハビリテーション論 講義(30) 1後期
精神保健
講義(30) 2前期
介護
(必須時間数 1260)
介護の基本(180) 介護の基本A 講義(30) 1前期
介護の基本B 講義(30) 1前期
介護の基本C 講義(30) 1前期
介護の基本D 講義(30) 1後期
介護の基本E 講義(30) 1後期
介護の基本F 講義(30) 2後期
コミュニケーション技術(60) コミュニケーション技術Ⅰ 演習(30) 1前期
レクリエーション計画法 演習(30) 2前期
生活支援技術(300) 生活支援技術Ⅰ 演習(60) 1前期
生活支援技術Ⅱ 演習(60) 1前期
生活支援技術Ⅲ 演習(60) 1後期
生活支援技術Ⅳ 演習(60) 1後期
生活支援技術Ⅴ
演習(60) 2前期
介護過程(150) 介護過程Ⅰ 講義(60) 1後期
介護過程Ⅱ 演習(60) 2前期
介護過程Ⅲ 演習(30) 2後期
介護総合演習(120) 介護総合演習Ⅰ 演習(30) 1前期
介護総合演習Ⅱ 演習(30) 1後期
介護総合演習Ⅲ 演習(30) 2前期
介護総合演習Ⅳ 演習(30) 2後期
介護実習(456) 介護実習Ⅰ―① 実習(48) 1前期
介護実習Ⅰ―② 実習(40) 1後期
介護実習Ⅰ―③ 実習(40) 1後期
介護実習Ⅰ―④ 実習(136) 2前期
介護実習Ⅱ 実習(192) 2前期
医療的ケア
(必須時間数 50)
医療的ケア(75) 医療的ケアⅠ 講義(15) 1後期
医療的ケアⅡ 講義(30) 2前期
医療的ケアⅡ演習 実習(15) 2前期
医療的ケアⅢ 講義(30) 2後期
演習 (45) 医療的ケアⅢ演習 演習(15) 2後期
必須時間数合計 1850 本校時間数 1926   1926